更新制度

 遺伝子分析科学認定士は更新制となっています。更新を希望される方は5年ごとに登録の更新申請が必要です。

  • 更新対象者には更新年の前年10月頃と更新年の2月頃の2回メールにて更新のお知らせを送信しています。メールアドレスは、5年前の受験時にご登録いただいたものです。届いていない場合は登録事項変更届よりメールアドレスの変更をお願いいたします。
  • 下記表にて、ご自身の更新該当の年をご確認ください。更新までの期間に単位取得に努めてください。
  • 詳細については、トップページより「一級更新試験」「初級更新試験」の項目で確認してください。
  • 遺伝子分析科学認定士(初級)の更新と一級遺伝子分析科学認定士試験への挑戦については右記PDFをご確認ください。

  • 一級取得年と更新年

 

  取得年 認定番号(MAS) 1回目更新年 2回目更新年
第1回 平成24年(2012年) 1~6 終了 平成34年
第2回 2018年該当者 平成25年(2013年) 7~8 平成30年 平成35年
第3回 平成26年(2014年) 9~10 平成31年 平成36年
第4回 平成27年(2015年) 11~12 平成32年 平成37年
第5回 平成28年(2016年) 13~15 平成33年 平成38年
  • 初級取得年と更新年

  取得年 認定番号(MA) 1回目更新年 2回目更新年
第1回 平成19年(2007年) 1~103 終了 終了
第2回 2018年更新該当者 平成20年(2008年 104~186 終了 平成30年
第3回 平成21年(2009年) 187~250 終了 平成31年
第4回 平成22年(2010年) 251~328 終了 平成32年
第5回 平成23年(2011年 329~398 終了 平成33年
第6回 平成24年(2012年 399~459 終了 平成34年
第7回 2018年更新該当者 平成25年(2013年) 460~514 平成30年 平成35年
第8回 平成26年(2014年) 515~594 平成31年 平成36年
第9回 平成27年(2015年) 595~684 平成32年 平成37年
第10回 平成28年(2016年) 685~826 平成33年 平成38年