初級更新願書・提出書類

  • 願書・申請様式のダウンロード
  • 「記入例・注意事項」の欄を参考に、必ず内容を確認の上で様式に記入して下さい。
  • 願書作成前に、必ず初級更新申請の手引きをご確認ください。
全員提出が必要なもの 1)願書、 8)封筒用ラベル、 9)チェックシート、 10)初級認定証(和文)コピー、 13)写真1枚、 14)返信用封筒、 15)受領証のコピー
  様式No. 申請様式名 記入例・注意事項
1) 1-4 願書 願書記入例
2) 2-1 論文・著書、学会・講演申告書  
3) 2-2 学会参加申告書  
4) 2-3 講習会・研修会参加申告書  
5) 2-4 学術セミナー参加申告書  
6) 2-5 教育活動申告書  
7) 2-6 申告証明書用台紙  
8) 2-7 申請書提出用封筒ラベル  
9) 2-8 単位申請書・チェックシート 単位申請書記入例

 

  • 提出書類
  書類名 記入例・注意事項
10) 初級遺伝子分析科学認定証(和文) のコピー  
11) 一級指定研修会修了証のコピー(以前参加した場合)  
12) 写真1枚(願書用) 注意事項
13) 返信封筒1枚(ID・パスワード受験票用) 注意事項
14) 申請・受験料振込受領証のコピー 注意事項

 

  • 作成上の注意事項
2)~6)は必要な書類を印刷する。申請する事項がない書類は提出しなくてよい。
更新に必要な50単位を満たせばそれ以上の記載は必要ない。
添付する業績は年代の古い順に揃え、提出書類の「貼付資料の通し番号」と同じ番号を付す。
学会参加証、出席証明書等は様式2-6に貼付し、提出書類と同じ整理番号を付す。
証明書類は以下の通り。
論文、著書 別刷りまたはタイトルや申請者名の分かるページのコピー1部
学会、講演発表 抄録またはタイトルや申請者名の分かるページのコピー1部
学会、講習会参加 参加証または出席証明書のコピー(日臨技生涯教育研修記録可)。
企業関係者は学会当日の日付の付いた領収書でも可。
学術セミナー 参加証明書(様式2-6に貼付)
例)LAMP研究会(栄研化学):参加(証明)証発行の手続きは各自研究会事務局にメールで発行依頼する。例)PCR感染症研修会(ロシュ・ダイアグノスティックス):領収証が参加証明書となる。
履修証明書 履修した科目がわかる証明であればよい。
一級指定研修会
修了証のコピー
更新年以前に受講した場合。
記載内容に不備や不明な点がある場合は、資格審査委員会から改めて説明を求めることがある。
願書フォームに入力して送信しただけでは願書提出とはならない。提出書類の郵送、事務局からの提出書類受理のメール
(願書作成締切後送信予定)をもって提出完了となる。
  • 保管や郵送中に消えることがあるため、消せるボールペンは使用しないでください。
  • 郵送中にはがれやすいため、切手はスティックのりで貼らないでください。