初級試験について

  • 受験資格・単位申請について
  • 学会参加の証明証は、大会のネームプレートだけでもよいですか?

 はい大丈夫です。学会の他、講習会・研修会の参加証明はネームプレートや参加証明など、参加者名が記載されていれば結構です。

  • 企業主催の学術セミナーも単位になりますか?

 平成26年の申請より単位として認められるようになりました。単位数は5単位です。セミナー名は受験資格・単位申請をご覧下さい。

  • 履修証明書を提出する場合、成績証明書ではだめですか?

 履修した科目がわかる証明書であれば結構です。学校によって科目の名称が違いますが、分子生物学関連科目
(各受験申請の手引き、受験申請の資格基準の表2 を参照)に該当する成績証明書を提出してください。
 履修時間にかかわらず、1科目につき5単位が付与されます。

  • 分子生物学関連科目の履修についてですが、放送大学での講義も内容が分子生物学に関することなら単位として認定していただけますか?
    単位申請用紙に記入する段階で、何単位が認定していただけるかわかりませんが、とりあえず成績証明書を同封しておけばよいでしょうか?

 履修時間にかかわらず、1科目につき5単位が付与されます。

  • 学部卒業論文は単位として認められますか?

 認められません。

  • 他学会の研修会や講習会に参加していますが、遺伝子関連研修単位として認められているかわかりません。どうすれば良いですか?

 下記必要事項を記入してメールにてお問合せください。資格審査委員会で審査判断しご連絡いたします。
 ・氏名、認定番号、認定取得年、参加した研修会名・講習会名、参加日

  • 分子生物関連科目の単位を申請したいのですが、卒業した学校がなくなってしまいました。履修証明証はどうしたらよいでしょうか?

 近隣、あるいは関連する大学が卒業証明書、履修証明書の発行を引き継ぐような仕組みになっているようです。そこに一応問い合わせていただき、
 最低でも卒業証明書等は発行して頂いてください。

  • 受験料について
  • 試験に欠席した場合、受験料は返ってきますか?

 申し訳ございませんが受験料はお返しできません。試験費用は試験準備の段階から発生しますので返金に応じることはできません。
 但し、以下に該当する場合は受験料を返却いたします。
 ① 悪天候、天災の影響で、受験会場へ行けなかった場合。(交通機関等の証明書が必須となります)
 ② 受験料を二重に納入した場合。
 ③ 受験料を納入したが、願書を提出しなかった場合。または、提出したが受理されなかった場合。

  • 社会人として勤務していますが、大学院にも通っています。学生料金は適用されますか?

 社会人大学院生の方は学生料金ではなく社会人料金での受験となります。

  • 願書申請時は学生ですが、受験の時点では社会人になります。学生料金は適用されますか。

 申請時が学生であれば学生料金が適用されます。

  • 提出書類について
  • 学校で生徒が受験します。申請書はまとめて送ってもよいですか?

 1つの封筒に入れ、封筒に「○名分」と追記してお送りください。申請書はひとりずつクリップ等でとめてください。

  • 初級指定研修会について
  • 初級を来年受験したいのですが、指定研修会は今年受講できますか?

 できません。受験申請年に受講してください。

  • 社会人も初級指定研修を受けられますか?

 学生と単位が不足している社会人で、遺伝子分析科学認定士試験をはじめて受ける方、遺伝子分析科学認定士試験を不合格かつ再受験に
 該当しない方は、初級指定研修会の受講は必須です。指定研修会の受講が必要な方には、メールでお知らせします。
 単位の加算に関係なく受講希望者の方は、当日会場に来てください。