一級試験について

  • 受験資格・単位申請について
  • 学会参加の証明証は、大会のネームプレートだけでもよいですか?

 はい大丈夫です。学会の他、講習会・研修会の参加証明はネームプレートや参加証明など、参加者名が記載されていれば結構です。

  • 企業主催の学術セミナーも単位になりますか?

 平成26年の申請より単位として認められるようになりました。単位数は5単位です。セミナー名は受験資格・単位申請をご覧下さい。
(一級更新試験では学術セミナーは1単位となります。詳細は「一級更新試験の受験資格・単位申請」をご確認ください。)

  • 履修証明書を提出する場合、成績証明書ではだめですか?

 履修した科目がわかる証明書であれば結構です。学校によって科目の名称が違いますが、分子生物学関連科目
(各受験申請の手引き、受験申請の資格基準の表2 を参照)に該当する成績証明書を提出してください。

  • 分子生物学関連科目の履修についてですが、放送大学での講義も内容が分子生物学に関することなら単位として認定していただけますか?
    単位申請用紙に記入する段階で、何単位が認定していただけるかわかりませんが、とりあえず成績証明書を同封しておけばよいでしょうか?

 履修時間にかかわらず、1科目につき5単位が付与されます。

  • 学部卒業論文は単位として認められますか?

 認められません。

  • 他学会の研修会や講習会に参加していますが、遺伝子関連研修単位として認められているかわかりません。どうすれば良いですか?

 下記必要事項を記入してメールにてお問合せください。資格審査委員会で審査判断しご連絡いたします。
 ・氏名、認定番号、認定取得年、参加した研修会名・講習会名、参加日

  • 受験資格(4)の「過去5年間を含む実務経験を3年以上有する方」とは、例えば「10年前までに4年11ヶ月、1年前に1ヶ月の実務経験」でもよいのでしょうか?

 当てはまりません。本認定証は、現在業務を行っている方または今後行う可能性のある方に対して、業務に関連した知識や技能を認証することが
 目的ですから、できるだけ最新、せめて過去5 年以内に、3 年間以上の実務経験がある方を対象に考えています。

  • 受験資格(4)の「実務経験は,分子生物学関連(*)の検査,研究,教育,技術指導の実務に限る。」について、勤務時間の短い非常勤講師なども
    1年契約なら1年の実務経験としてカウントされるのでしょうか?

 「実務経験は,分子生物学関連(*)の検査,研究,教育,技術指導の実務に限る。」の実務経験は,現在、遺伝子検査、染色体検査
 そのものを行っていなくても遺伝子関連検査に携わっていれば、実務経験ありとみなしています。1年に1回か2回の非常勤講師であっても
 認めることとしています。ただし、証明書類(期間がわかるもの)の提出は必要です。

  • 必ずしも出願時点で業務に就いている必要性はないでしょうか?現役で業務をしていなければならない、という内容は受験手引きに記載されていない
    ようでしたが。

 出願時点で必ずしも業務に就いている必要はありません。施設内でのローテーションなどにより、遺伝子検査、染色体検査からは離れざるを
 得ない人も多いからです。したがって,現在、直接遺伝子検査、染色体検査を行っていなくても、分子生物学的関連検査
(他の臨床検査領域も含む)、教育、研究(指導的立場)、技術指導等を行っていれば、それも実務経験として認めています。

  • 受験料・申請料について
  • 試験に欠席した場合、受験料は返ってきますか?

 申し訳ございませんが受験料はお返しできません。試験費用は試験準備の段階から発生しますので返金に応じることはできません。
 但し、以下に該当する場合は受験料を返却いたします。
 ① 悪天候、天災の影響で、受験会場へ行けなかった場合。(交通機関等の証明書が必須となります)
 ② 受験料を二重に納入した場合。
 ③ 受験料を納入したが、願書を提出しなかった場合。または、提出したが受理されなかった場合。

  • 一級試験が不合格の場合、初級更新の申請は別途行わなければならないのですか?また、申請料も別途支払うことになるのでしょうか?

 一級試験願書を提出することにより、初級更新も申請も兼ねています。したがって、改めて更新申請や申請料を払う必要はありません。

  • 一級指定研修会について
  • 指定研修会は受験年に受講しなければならないのでしょうか?それとも受験前年やそれより前でも大丈夫なのでしょうか?

 一級試験受験の方、再受験の方は、最新の情報を得て資格取得に臨む観点から、受験する年の級指定研修会は必須です。
 一級指定研修会受講(20単位)が必須となりますので、30単位取得していれば受験資格の50単位となります。

  • 初級更新年の一級試験受験
  • 一級試験が不合格の場合、初級更新試験を受験しなければいけませんか?

 はい。必ず更新受験をしてください。更新しないと初級認定が失効して一級試験の(再)受験資格がなくなります。
 一級試験の合否通知と一緒に、更新試 験のためのID とパスワードを同封しますので、更新試験を期間内に受験してください。